ダイヤモンドの基礎知識

さまざまなセッティングについて

ジュエリーは、宝石をゴールド、シルバー、または、プラチナなど言った貴金属で留めて完成としています。
石を止める台座のことをセッティングと呼ばれており、もっともよく知られているものとしては、ランド・ブリリアントカットのダイヤモンドに6本の細いプラチナの爪でダイヤモンドを高く上げるようにセットされた「プロングセッティングまたはティファニーセッティング」です。
他にも、ジュエリーの美しさを最大限に生かすためにさまざまなセッティングがあります。その一部をご紹介いたします。

ベゼルセッティング

宝石を爪で留めるのではなく、地金で宝石の全周を囲んで留めるセッティングです。石の外側を正確にぴったりと一周するように作らないといけないため、時間と手間がかかります。
しかし、爪がないために服などに引っ掛かりにっくく、石が取れにくいという利点があります。エメラルドカットのような角のあるカットはセッティングが難しく、ラウンドやオーバル向きです。ダイヤモンドの上部に取り付けれる物なので、高さと立体感にある雰囲気が感じられます。
シンプルでクラシカルな印象があり、どんな服装にも合いそうなライフスタイルに適しているセッティングです。

プロングセッティングまたはティファニーセッティング

別名「爪留め」とも言われ、小さな金属のプロング(爪)を宝石のガードルの上までのばし、石をつかんで留める方法です。基本的には4本のプロング(爪)で留めていますが、このセッティングを有名にしたのが、1886年に世界のスタンダードとなっているエンゲージメントリングのスタイルを考案したのが、ティファニーで「ティファニーセッティング」と名付けられました。持ち上げたプロング(爪)の間から、ダイヤモンドに光が入ることから、ひと粒のダイヤモンドリングに最も採用されるセッティングです。

パヴェセッティング

ゴールドやプラチナなどの地金に穴をあけ、その中に比較的な小さな粒の宝石をはめ込み周囲から爪を起こして留める方法です。沢山敷き詰められた漢字から、パヴェ=フランス語の「石畳」に見えることからこの名前が付きました。ダイヤモンドの場合は、石どおしが反射し合って、きれいな輝きを放ちます。また、センターストーンの周囲にパヴェを配置すると事でセンターストーンがより華やかで引き立つ効果もあります。

チャンネルセッティング

2本の貴金属の間に宝石をはめ込んでいく方法で、宝石と宝石の間に地金がなくシンプルですっきりした雰囲気になります。
女性用のマリッジリンクに人気のセッティング方法です。このセッティングはさまざまなカットに用いられていますが、特にエメラルドカットやセンターストーンを引き立てる脇のバゲットカットのような四角いカットの宝石に使用されることが多いようです。

  • リングゲージ無料で貸出サービス致します 欲しいリンクが決まったけど指のサイズが分からない。※お問い合わせの際にお申し付けください。
  • ダイヤモンドの基礎知識

2014/12

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
  • 今日
  • 定休日/
  • 年末年始

赤字の日は、電話でのお問合せメールの返信及び配送業務はお休みを頂いております。ご注文やメールの受信は24時間年中無休です。